「諏訪湖」湖畔散策日記   3日目

信州諏訪旅行編
画像

平成28年2月16日 火曜日 天候 曇り時々晴れ

2泊3日の「信州諏訪旅行」も最終日になった。昨日は「上社本宮」で雪に降られ、寒風にもさらされたが、今日は時々青空がのぞく風のない天候である。最終日の日程は、午前中自由時間で、12時30分にホテルのバスでJR塩尻駅に向かう。昼食は駅の近辺でとることにした。

 午前中の自由時間では、諏訪湖畔をゆっくりと散策することにした。諏訪湖1周の遊覧船も、ある程度の人数が集まれば出航するとのことであったが、シーズンオフのためか人数が集まらなかった。例年なら湖面は全面凍結の時期らしいが、今回は湖岸のごく1部が辛うじて凍結しているかいないかという程度である。遊覧船は「カメ」と「白鳥」の形をした2隻が係留されていた。湖岸にはオブジェの様な大きな日時計と大きな灯篭や石の像などが点在している。湖岸には並木の樹木が植えられているが、かなり長い距離にわたって桜の樹も植えられている。まだまだつぼみが固い状態であるが時期になれば見事な桜が見られることだろうと思う。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 湖岸にはかなり立派な美術館が2つ並んでいる。もっと時間に余裕があれば鑑賞しても良いが今回は「間欠泉」を見ることにした。噴出の時間にはかなりの間隔がある。私は以前に、最盛期の頃の噴出を見ているが、今回の噴出を興味深く見た。実際に噴出が始まったが、せいぜい2,3mの高さ迄で、以前とは高さと迫力が比較にならなかった。これでは観覧料金は取れないはずである。
画像

画像

画像

 湖岸の散策は陽が当たっていて風もなかったが、気温がとても冷たく感じた。近くのホテルの喫茶室に入り、湖を眺めながらゆっくりとコーヒーを飲んでくつろいだ。定刻に近づいてきたのでホテルに戻り、ロビーでテレビのニュースを見た。

 定刻になりホテルのバスに乗り込む。JR塩尻駅を目指したが、道路は空いていて順調に走行した。来るときには1時間近くかかったが、今回は40分ほどで着いた。駅の中のレストランで昼食をとり、特急「しなの」に乗りJR名古屋駅を目指した。14時03分に発車し、定刻の16時01分に目的地に着いた。ここで同行者たちとは流れ解散である。3日間の信州諏訪旅行も無事に終わった。今回は「上諏訪温泉」の湯治と諏訪大社を訪れることが目的であったので、目的は十分達したと思っている。このようなのんびりとした旅行もたまには良いかと思っている。寒い時期の温泉も結構悪くないと思う。(終り)orange007

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック