「平山郁夫美術館」鑑賞日記 第3日目 

シニア男性の悠々日記 広島旅行編
画像

2017年6月28日(水曜日)天候 曇り

 広島旅行も最終日になった。今日の目的は「平山郁夫美術館」である。この美術館の裏隣に「耕三寺博物館」がある。ここには30年ほど前には一度来ている。「西日光耕三寺」と呼ばれ、東照宮と全く同じように造られた「陽明門」がある。

 午前9時過ぎにホテルを出る。JR山陽線に乗って尾道駅まで行く。途中1回乗り換えて目的駅に着く。列車事故があり、1時間ほど遅れての到着である。駅に着くとはるか山上にお城の姿が見える。坂の町「尾道」と呼ばれている通り坂また坂が続いている。古寺巡りの路もある。今回は山頂の「お城」を目指す。20分程で山頂に着く。お城の隣には「ビユーホテル」があるが、現在は営業していないようである。お城の写真を写してから一気に尾道駅まで駆け降りる。路線バスを約1時間乗り、「しまなみ海道」の橋を3つ渡り、向島、因島を渡り、3つ目の生口島の瀬戸田に到着である。車窓からの眺望は見事である。「平山郁夫美術館前」のバス停で降りる。美術館の建物は純日本風である。入り口を入るとロビーがあり、第1展示室から第3展示室まで3つに分かれている。小学生時代から、青壮年期、晩年に及ぶ作品が系統的に展示されていた。大きな作品では瀬戸内のしまなみ海道を描いたものが印象的である。晩年期のシルクロード系の作品にも大作が多い。小さな作品にも平山郁夫の人間性がとても良く現わされていると感じた。以前行った奈良の薬師寺の巨大な「シルクロード」の作品には圧倒されたが、今日はその原点をはっきりと体感できたようだ。展示室の出口にはミュージアムショップがあり、関連のグッズが販売されている。その隣には喫茶室・ティーラウンジ「オアシス」がある。ここでコーヒーを飲みしばらく休息をとる。ここから見事な庭園が見える。この美術館の隣合わせに「耕三寺博物館」がある。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 「耕三寺博物館」は耕三和上が母親の菩提追悼の為に建立した浄土真宗本願寺派の寺院である。今回は入り口から内部を少し覗いて見るだけにした。ここから商店街の中を10分ほど歩く瀬戸田港に着く。三原行きと尾道行きの2系統がある。尾道行きの船に乗り込む。所要時間はバスよりかなり短い。45分ほどで尾道港に到着である。JR岡山駅迄は在来線に乗りゆっくりと車窓の景色を楽しんだ。
画像

画像

 岡山駅からは新幹線「ひかり」東京駅行きに乗る。岡山駅で買った駅弁をゆっくりと味わいながら名古屋駅を目指す。予定時刻には名古屋駅に到着である。万歩計を見ると1万歩を少し超えていた。2泊3日の広島旅行もこれで無事終了である。梅雨真最中にもかかわらず全く雨に降られなかった。曇りの日が続いたので暑さも程々であった。楽しい旅行が出来たと思っている。(終り)




平山郁夫 絵画 大徳寺境内 送料無料 【複製】【美術印刷】【巨匠】【変型特寸】
掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊
大徳寺は、京都紫野にある臨済宗大徳寺派の本山です。林の中にまっすぐに伸びる白い道。その道には、木立が

楽天市場 by 平山郁夫 絵画 大徳寺境内 送料無料 【複製】【美術印刷】【巨匠】【変型特寸】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

平山郁夫 絵画 仏教伝来 送料無料 【複製】【美術印刷】【巨匠】【10号】
掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊
広島で被爆した平山郁夫画伯は、後遺症に苦しむ中、「平和への祈り」を込めてこの『仏教伝来』を描かれたそ

楽天市場 by 平山郁夫 絵画 仏教伝来 送料無料 【複製】【美術印刷】【巨匠】【10号】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック