テーマ:美術鑑賞

「大エルミタージュ美術館展」鑑賞日記

シニア男性の悠々日記 「美術館展鑑賞」編 2017年7月16日 日曜日 天候 曇り  2017年7月1日(土)から9月18日(月)まで、愛知県美術館にて「大エルミタージュ美術館展」が開かれている。ロシアの皇帝エカテリーナ二世が、1767年にコレクションを始め、現在のコレクション数は1万7千余りにも及んでいるという。今回8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平山郁夫美術館」鑑賞日記 第3日目 

シニア男性の悠々日記 広島旅行編 2017年6月28日(水曜日)天候 曇り  広島旅行も最終日になった。今日の目的は「平山郁夫美術館」である。この美術館の裏隣に「耕三寺博物館」がある。ここには30年ほど前には一度来ている。「西日光耕三寺」と呼ばれ、東照宮と全く同じように造られた「陽明門」がある。  午前9時過ぎにホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島旅行日記 第2日目

シニア男性の悠々日記 広島旅行編 2017年6月27日(火曜日)天候 曇り  今日も雨は降りそうではない。広島市内の観光に出かける。午前9時頃にホテルを出発する。市内バスの1日券を購入し、JR広島駅の新幹線口から出発である。市内の決められた主要バス停に何回降りても乗っても自由である。1枚400円はとても値打ちである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストン美術館[パリジェンヌ展]鑑賞日記

シニア男性の悠々日記 ボストン美術館パリジェンヌ展鑑賞日記 2017年6月18日 日曜日 天候 曇り 名古屋市のJR金山駅に隣接している、名古屋ボストン美術館で、6月10日から10月15日まで開かれている「ボストン美術館パリジェンヌ展」を鑑賞した。 会場は、第1章 パリという舞台、第2章 日々の生活、第3章 パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本画の名品展」鑑賞日記

シニア男性の悠々日記 美術展鑑賞編(続き) 2017年2月11日(土曜日)天候 曇り時々小雨  午前の「日展東海展」の鑑賞に続いて、名古屋市美術館で開催されている「日本画の名品展」を鑑賞した。これは旧熊本藩主「細川護立」氏が集めた日本画の名品の数々である。その名は「永青文庫」と呼ばれている。今回は 1.近代の日本画(横山大観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日展東海展鑑賞日記

シニア男性の悠々日記 美術展鑑賞編 2017年2月11日(土曜日)天候 曇り時々小雨  今日の午前11時頃から名古屋市栄にある愛知芸術文化センターの8Fにある愛知県美術館ギャラリーで開かれている「改組新第3回日展東海展」を鑑賞した。東海3県下の作品をメインにして鑑賞した。 第1科が日本画で私にとってはかなり分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルノワールの時代展」鑑賞日記

シニア男性の悠々日記 2016年7月9日 土曜日 天候 雨後曇り 今日の午前中は名古屋市内の社交ダンス教室でレッスンを受けた。8月に行われる教室主催のダンスパーティーの出演種目の踊りのレッスンが主になっている。今回は「スローフォックストロット」と「ルンバ」が一般生徒の「グループデモ」の出演種目である。競技選手対象の「グループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」鑑賞日記

 「印象派絵画展」鑑賞編  2015年2月24日 火曜日 天候 曇り  昨日の「水戸偕楽園梅まつり」は、雨に降られることもなく、無事「観梅」が出来てよかった。「水戸東照宮」では雨が本降りになり、JR水戸駅前のホテルにあわてて逃げ込んだ。今日は雨も上がり、東京、水戸旅行の最終日になった。  ホテルを午前8時過ぎに出て、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館「東京美術系5大学卒業作品展」鑑賞日記

「東京5大学作品展」鑑賞編   2015年2月22日 日曜日 天候 曇り  「国立新美術館」を会場にして、「ルーブル美術館展」が開かれていたが、今回隣の展示室で「東京美術系5大学卒業作品展」が開かれていた。多くの大作が展示されているので、ゆっくりと鑑賞した。参加大学は東京造形大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学、日本大学芸術学部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館「ルーヴル美術館展」鑑賞日記 

「ルーヴル展」鑑賞編 2015年2月22日 日曜日 天候 曇り  東京・六本木にある「国立新美術館」を会場にして、ヨーロッパ絵画の殿堂、パリの「ルーヴル美術館」より、16世紀初頭から19世紀半ばまでの、「ヨーロッパ風俗画」80点の名画が来日して展示されている。特にフェルメールの「天文学者」は初来日である。ヨーロッパ旅行の際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日展、ロイヤル・アカデミー展鑑賞編

「日展東海展、ロイヤル・アカデミー展」鑑賞日記 2015年2月7日 土曜日 天候 晴れ時々曇り  今年の日展東海展は1月28日から、愛知県芸術文化センター8Fで開催されている。主催は社団法人日展、中日新聞社、理研産業である。展示内容は例年通り、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門570作品が展示されている。同じ会場の10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オルセー美術館展」鑑賞編

国立新美術館「オルセー美術館展」鑑賞日記  2014年8月24日 日曜日 天候 曇り  東京・六本木にある「国立新美術館」を会場にして、印象派の殿堂、パリの「オルセー美術館」から多くの名画が来日して展示されている。これは日仏文化協力90周年を記念して開催されている。私は20数年前にヨーロッパに行ったときに、印象派の数々の名画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋ボストン美術館「ミレー展」鑑賞日記

2014年4月29日 火曜日 天候 雨後曇り  今日の午後、名古屋市のJR金山駅近くにある「名古屋ボストン美術館」で開催されている「ミレー展」を鑑賞した。これは名古屋ボストン美術館開館15周年記念の展示である。またこの展示は、ミレー生誕200年を記念したものでもある。今回のミレーの代表作品は「種をまく人」である。それとパリのサロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日展鑑賞編

「日展東海展」鑑賞日記  2014年2月11日 火曜日 天候 晴れ  今日の午後から「日展東海展」を鑑賞した。名古屋市栄にある愛知県芸術センター8F「愛知県美術館ギャラリー」で開催されている。会期は1月29日から2月16日迄である。日本画、洋画、彫刻、書、工芸美術の5部門で578作品が展示されている。  まず「日本画展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more